スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

桜も終わりです

IMG_4475.jpg


寒い寒いと思って居たら急に桜が咲き強風が吹き荒れ
もう葉桜が目立つようになりました
付近の山々が黄緑色に芽吹き始めています

ニュースでは株価が高騰しているとのこと
また始まっていますね金の亡者達の祭りでしょうか
悪い事が起きなければいいと懸念しています

仕事はなんとか続けていますが以前として毎月苦境に立たされています
絶対的な仕事量が足りない
納期に追われ長期スパンで考えられる仕事も有りません
毎日嫌になるほど忙しくても売り上げが伸びません
正直言っていつまで続けて行けるのか不安に思ったら心が折れてしまいそうな毎日ですね
それでも頑張って行かなければなりません
自分に出来る事は
毎日コツコツと目の前に有る仕事に命を吹き込んで行く事だけです
早く昔のように
コツコツ働いて居れば食べて行ける時代になるといいですね

それでも春の息吹に心はうきうきとして来ます
確たる計画も何も有りませんが
きっと先は明るいと思えてしまいます
植物はすごいですね
春に花を咲かせ葉を芽吹かせ生い茂る
いったいどれほどのエネルギーを空気中に放出するのでしょう
人間もそのエネルギーを受け取っているような気がします

新年度
仕事が動き始めます
これから連休まで忙しくなってくれたらいいのですがね


先日外注さんがNCフライス盤を買いました
1984年製のオークマホーワ2R−NCです
OSP300Mが付いていますが古いのでメーカーも取説等が無く
仕方無いので私が動かしてみてはマニュアル作成中です
何せNCは使った事が無い外注さんです
マニュアルを作ってこれから教育です
じきに使えるようになるとは思いますが
上手く行くといいなと思って居ます
汎用フライスと旋盤だけで仕事してくれていますが
NCフライス盤の活用で幅が広がれば助かります
古いしNCのメモリーも少ししか有りませんが
ボール盤ほどの金額でNCフライス盤が買えたのですから
多くは要求せずに上手く活用出来たらいいと思います



明けましておめでとうございます

朝日


2013年が始まりました
2012年は遂に記事の更新無し(笑)
まったくぐうたらなブログです

昨年はずっと忙しいっぱなしの一年でした
どうしてこれだけ仕事をしてるのに金銭的に楽にならないかが不思議なくらい
借入金も牛歩ではありますが少しづつは減っています
が・・実は減って居ないのかも
でも毎日頑張って居るのだから悪い方向には行かないでしょう・・きっと

忙しくても相変わらず内容が良くなって居る訳ではありません
先が見えない不安は政権が変わっても無くならないようです

しかし
仕事が無いよりは今は良いのでしょう
大晦日も元旦も仕事をしています
それでも正月中にやりたいと思って居た仕事がこなせそうにありません
2013年も胃には負担がかかりそうです
そろそろ無理をすると頭の血管が切れるのではと心配もしています
去年もそうでしたが
ストレスを溜めないように
それでも仕事は頑張って
なんとか生き抜いて行こうと思います

と・・・
なんだか悲壮な覚悟です(笑)

でもこれが今の日本の製造業の現状なのでしょうね

あまりおめでたくも無いのですが
取り敢えずは一年を生き抜いたと言う事で
めでたいと思います




夕焼け


今年の仕事は終了しました
何とか一年終わりました

今年もいろんな事有りました

大きな震災で大変な事になったし
夏には急激な円高で経済活動がストップ状態になったり

景気回復はやっぱり政治が良くならない限り無理なんだろうと思える今日この頃です
この先どうなるのでしょうね
消費税導入がまたまた景気失速の引き金にならなければいいなと思うけど
多分導入されれば免れないでしょう
しかし企業なら普通に経費削減は出来るのに国と言うのはどこまで危機感が無いのでしょうね
官僚は自分が定年退職するまで日本が保てばいいぐらいにしか考えて居ないんでしょうね
今はやらなければならない事はいっぱい在るでしょうに
役人のすべてが同じ方向で動き出さない限りこの国は沈んでしまうかも知れません

ともあれ今年も無理矢理なんとか生き延びました
来年は何が起きるのでしょう
またか
で済めばいいけど
本当に先の読めない不安だらけの世の中になりましたね
自然もなんだかそれに呼応してるような
それとも自然が不安定なので人間も不安定なんでしょうか

政治や経済が上手く行かない事の根本に経済の格差問題が在ると思います
それを埋めるための方策は何も取られて居ないからです

何より日本を含め世界中の指導者達が貧困の痛みを感じていない事に原因が在るのでしょう
頭のどこかでは解って居るつもりなのでしょうね
でも彼らは何も解っては居ません
それは痛みを感じなくて済むシステムの中に居るからです
そこには現実に貧困に喘ぐ人達の情報は入らない仕組みになっています

貧困とは何か
指導者だけでなく知っているようで知らない人が多いんです

お金が無い事が貧困です
ではなぜお金が無いのか
それはまず第一に働けないからです
働けない事の原因は様々です
しかしもっと最悪なのは働いてお金にならない事です
働けなくてお金が無い人と
働いてもお金が無い人とでは問題がずいぶん違います
そして困るのは貧困に喘ぐ人への支援は届かない仕組みを法律で作って居る事です

働ける能力がある場合支援は受けられません
それはあくまで能力であって働ける条件が整って居る訳では在りません
働けないから生活保護を受けたいと窓口に行っても多くの人は受け付けてもらえない仕組みになっています
まずはハローワークに行って職を探して下さいと言われます
なぜ働けないのか理由を聞かれたので自分は鬱だと言うと
では医師の診断を受けて身障者の認定を受けて下さいと言われます
医者にかかるにはお金が要るんです
そして鬱の程度もいろいろで働けない状態でも認定を受けるのには至らない人が大半を占めています
多くは家から出る事も出来ずお金を人から借りたり自活出来ないので親類縁者を頼って居候したり
それがまた認定の妨げになります
独居でなければ認定を受けられない
福祉の恩恵を受けるのにはすべて認定が必要です
その認定基準は厳しくてそれに漏れた人を救済する方法は無いんです

こんな時代です
派遣労働者として働いても賃金は安くギリギリです
将来に夢も持てずに、いつ首を切られるか判らない状況で働いて鬱にならない人の方が不思議なくらいの時代です

様々な矛盾が日本の中でも多くの貧困に喘ぐ人達を生み出しているのに政治も行政も予算削減と言う錦の御旗の元にそうゆう人達を切り捨てています

そのすぐ横で天下りしては何億ものお金を手にする人達も居る
株で大儲けする人も居る

確かに自由経済の理念は解りますが
生きて行けないような敗者を生む世の中が良い世の中と言えるのでしょうか
すべての人を同じ条件にすることは出来ないのでしょう
でも下限を引き上げて貧困を無くさない限り世の中の不安定さは解消されません
それには上限を引き下げる事が必要です
いつの間にか日本人はアメリカ人と同じ感覚で経済が膨張していると勘違いしてしまったようです
この二十数年間
日本に在るお金は増えては居ないんです
なのに高収入を得る人達はどこまでも高収入を目指すようになりました
知らず知らずのうちに搾取して来た事を理解しなければいけない時が来てるんです

それは日本のみならず世界中の出来事です

経済を動かしているような世界中のトップ達が早く気付いてくれるといいですね

少しでも早く
一人でも命が救われるうちに






今年も残すところ僅か

111208_1115~03

12月になってしまいました
愛用のPCが不調になって数ヶ月
健闘虚しく遂に逝ってしまいました
今は新しく購入した中古のiMacからの更新です
3月以来半年以上経っての更新
最早ブログの意味も無くなって来てるかも

震災から一週間後に更新してその後仕事量は一時減ったものの徐々に持ち直して来ていましたが
盆前の急激な円高の所為かお盆を挟んでの二週間ほどはほとんど仕事が無い状態に陥ってしまいました
その後回復しては来ていますが、なかなか好調と言う訳には行かないようです
今年も厳しい一年でした
後数週間ですが何とか仕事が増えてくると嬉しいですが

12月に入って急に寒い日が目立つようになりました
今は遅い紅葉が盛りを迎えています
今年も雪が多くなるそうですから
そろそろ車もスタッドレスに換えないと
雪が降ったら
またドライブに出かけます










時の経つのは早いもの

110318



なんと昨年5月にブログを書いたきり更新出来ていませんでした
もうすぐ一年になろうとしていますが、その間ほとんど休まずに仕事をしていました
忙しくて忙しくて時間や日にちが経つのも季節が移り変わって行くのもあまり記憶にとどまって居ません

大震災から一週間が過ぎますが社会に大きな影響が出て来るのはこれからでしょう
また大きな金融不安などが起きなければ良いと思っています
天災は防ぎようもなく被ってしまった被害はもうどうしようもありません
問題はこれからです
頑張れる者達がどれだけ頑張って社会を良くしてくのか
我々製造業に携わる者達の義務は相変わらず良い品を早く安く作ること以外には有りません

問題はこれに乗じて儲けを企む輩が多いことです
経費削減の名目での理由の無い値引きやコストダウンとは名ばかりの理不尽な価格の引き下げ
職人が食べて行けない世の中は社会全体が不安で落ち着かない世の中になると思います
警戒はしていますが社会全体がバブルの時のように誰かが得をする構造になってしまえばまた同じ事が起きるでしょう
バブル景気は社会全体が潤ったかのようなイメージを持っている人も多いでしょうが、我々製造業者の苦難の始まりでした
正直者が損をする世の中の始まりだったのだと思います
誰も大きな声では言いませんが
誰もがうすうす気が付いているのでしょう
若い人達の就職先が物を扱う業種からお金を扱う業種に流れるようになったのがその証拠です

日本人は真面目に頑張れば頑張った分はお金になって戻ってくると信じて頑張って来ました
これからもそれが通用する世の中であって欲しい物です

世界中の政変や大災害がもたらす社会の変革がより公平な社会を築く方向に動くことを願っています

我々は社会の流れや動きに逆らうことは出来ません
いつも流されて行くしか仕方がないのですから

そこには技術や技能の善し悪しは関係無いのです
大きな力には逆らうことは出来ません

しかし我々製造業者に出来ることはどんな時代のどんな社会に在ってもひとつしか有りません

良い品を適時に安価で社会に送り出すこと
そのための努力を惜しまないこと

それ以外に生きる道は無いと思います








検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。